HOME > 義歯

義歯について

義歯治療とは

当院は保険治療に加え、保険外治療(自費治療)の様々な種類の義歯に対応しています。

患者様によって、お悩みやご希望は様々です。義歯を検討されている方、現在お持ちの入れ歯に違和感を感じている方はお気軽にご相談ください。

保険治療と保険外治療(自費治療)の違い

保険診療による入れ歯は、治療費を抑えられることが最大のメリットになります。その反面、審美性と機能性は保険外治療と比較すると劣ってしまいます。

義歯の種類

保険治療の義歯

レジン床義歯

レジン床義歯

保険適用なので、リーズナブルな価格での製作が可能です。

保険外診療で使用する素材に比べ、厚みがあり、熱伝導率が悪いので、違和感を感じることがあります。

保険外治療(自費診療)の義歯

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯を支える部分(義歯床)が金属になっています。保険治療の入れ歯に比べて装着したときの違和感が少なく、食べ物の温度を伝えやすいのでお食事がおいしく感じられます。当院では患者様のご希望にお答えするために2つの素材を用意しております。

コバルト床
金属に強度がありレジン床の約3分の1の薄さで製作することが可能です。

チタン床
コバルト床より軽く、十分な強度があります。また、表面に人間の骨組織に近い皮膜を持ち、金属イオンの溶出を防ぐので生体親和性に優れています。そのため、金属アレルギーの心配がほとんどありません。

部分入れ歯についての動画はこちら

部分入れ歯についての動画はこちら

総入れ歯についての動画はこちら

総入れ歯についての動画はこちら

動画で分かる!赤松歯科医院の歯科治療

ページトップへ