HOME > インプラント

当院のインプラント治療

インプラントとは

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作っていきます。

手術が必要になりますので、時間も長くなり費用も高めです。しかし、自分の歯のように違和感なく噛め、天然の歯と同じような生活を送ることができます。見た目も、天然の歯に近く審美性にも優れています。

インプラント治療と従来の治療(ブリッジ、義歯)との違い

インプラント ブリッジ 義歯(部分入れ歯)
インプラント ブリッジ 義歯(部分入れ歯)

他の歯を削る必要がありません。また、周りの歯に負担をかけることも少なく、一定の咬合力を回復できます。食べ物の味や感触がよくわかります。1本の喪失から多数欠損まで対応できます。

抜けた歯の両隣の歯を削り、支台を形成し、そこに連なった冠をかぶせます。支台を形成するため健康な歯を削る必要がありますが、固定式です。

入れ歯の両側の歯に止め金を引っ掛けて使用し、着脱式です。
メインテナンスはしやすく安全です。

インプラント治療の流れ

当院では、まず歯を失ってしまった原因を特定し、その原因を(歯周病、虫歯、かみ合わせ等)改善した後に、インプラント治療を行います。

Step1.診断と治療計画

レントゲンなどによる十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を行います。また、患者様のインプラント治療に対する疑問点や不安点にお答えさせていただきます。

Step2.インプラント手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

Step3.インプラントと骨が結合するまで待つ

インプラントと骨がしっかりと結合するまで、約6~24週間(様々な条件によって異なります)待ちます。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を装着します。

Step4.人工歯の装着

インプラントの上に人工歯を取り付けます。

Step5.メインテナンス

治療後は定期的にご来院していただき、治療後の状態をチェックし、メインテナンスとセルフケアの指導を行います。

インプラント(1回法)についてに動画はこちら

インプラント(1回法)についてに動画はこちら

インプラント(2回法)についてに動画はこちら

インプラント(2回法)についてに動画はこちら

動画で分かる!赤松歯科医院の歯科治療

ページトップへ